最新記事

最近の日本人の欧米化がどんどん進んでいます。
1960年代以降に外国からたくさんの物が輸入され、日本人の食事はとても豊かになりました。
ファーストフードが増え、手軽に便利に手に入れることができるので、お腹が減って困ることもなくなって来ました。
しかし、安全は確保できているのでしょうか。
欧米化されていることで、日本人の体はどのように変化しているのでしょうか。
残念ながら生活習慣病が増えてきました。
がんや糖尿病、肥満等です。
やはり影響は大きかったようですね。
肉類の脂質の多い物が増え、野菜の消費量が減りました。
脂質の取り過ぎは血液をどろどろにし、動脈硬化などを招いてしまいます。
野菜不足は、腸内環境を悪化させてしまうので、便秘を招いてしまいます。
あまり体に良い影響はありません。
日本人の生活にあった昔から健康に良いとされてきた和食を、忘れずに生活の中心にすることで、生活習慣病が増えていくことを阻止しましょう。

通宝ののり通

カレー・スパイス料理教室>>>http://spicelover.okoshi-yasu.net/

隠れ家的なお店をお探しの方へ

運命的な出会いをお求めなら

機能性表示食品の届出に関する代行サービス